• トップ /
  • 工業的にみた外構業者の選び方

外構導入の際には

工業的にみた外構業者の選び方

工業的に見て、外構は別工事

工業的に見て、建設工事の一部と考えられる外構工事は本体工事とは別ということご存知ですか。建売住宅でも外構は別の業者がと紹介してくれるケースもあります。業者の導入にあたって、こちらのイメージを聞いてくれたが、出来上がりは違ったものだったという話をよく聞きます。外構の工事は、工業的に見た場合にエクステリアの分野に分類されます。デザイン性が求められる工事が主体になります。そのため、独立した業者が導入されるために、建設業者との請負契約に含まれることはありません。設計も別途図面がエクステリアの専門家を導入してなされるのが一般的です。そのため工業的には別の業態と考えられるわけです。コンクリート、タイル、石材を使う場合があります。カーポート、サイクルポート、ウッドデッキの設置も考えられます。家のまわりの造作は思ったより変化に富んでおり、その家を一目見て印象付ける重要な役割を果たします。家を建てる人もこだわりを持つ部分です。防犯の関係もありますからおろそかにはできません。業者の選定にあたっては、見積もりに工事内容の細目を記載して説明してくれる業者に頼むべきです。本体工事とは違うとということでメーカーの営業マンもあまりよくわからない分野です。紹介されたからではなく、できれば知り合いの業者がいれば相談してみるべきです。

↑PAGE TOP

Menu